働きについて

HOME > 効果と効能

ふるさと青汁の働きについて

ふるさと青汁の原料は安心の100%国産原料を使用。八丈島の明日葉をはじめ熊本県産の大麦若葉や島根県の桑の葉を配合。

農薬や化学肥料に頼らない国産原料なので安心して飲むことができるのも嬉しいポイント。

そのふるさと青汁を飲むことで体にどのような影響が表れるのかをここでは調べていきます。

ふるさと青汁の主な原料である明日葉はその名前にあるとおり明日には新しい芽を出すというほど生命力が強く、栄養素も豊富に含んだ緑黄色野菜。原産地の八丈島では古くから健康食として食べられてきました。

明日葉はビタミン・ミネラル・食物繊維・などをバランスよく含んでいることが特長です。

そのためふるさと青汁を飲むことで野菜不足を補うという働きがまずあります。どの青汁飲料も野菜不足で摂れない栄養素を補うというのが基本目的ですが、それに加えてふるさと青汁にはより便利な効能があるから人気なのです。

明日葉にしか含まれない独自の健康成分として「カルコン」というものがあります。

これは明日葉の茎や根を切ると出てくるねばねばとした汁なのですがこのカルコンには、からだの巡りをスムーズにして老廃物を洗い流してくれるという働きがあるのです。

スッキリ成分といわれるカルコンの働きによってからだに溜まった老廃物を追い出す、デトックスの働きが高いことがふるさと青汁のおおきな特長となっています。

不調の原因となっている老廃物を洗い流すことで全身のむくみや体のだるさが取れた。二の腕や太ももがほっそりとしてきた。ポッコリおなかがすっきりしたといったことを体験している方が口コミでも多くいるのです。

体にたまった老廃物を排出するデトックス(毒出し)がブームとなっていることで高い力を発揮してくれる明日葉とふるさと青汁にさらに注目が集まっています。